ゆ旅

世界一周から離脱して、ゆっくり世界旅。

【ブルームフォンティン→マセル→セモンコン】レソト入国

 

(前日からの続きです)

https://yukitabi2018.hatenablog.jp/entry/2024/05/13/230000

 

【今日のまとめ】

⚫︎ブルームフォンティンからセモンコンへ移動

 

6:45 ブルームフォンティン バスターミナル

 ↓タクシーで移動(60R、約510円)

7:00 ブルームフォンティンTAXI RANK着

9:50 ブルームフォンティン発

 ↓マセル行きミニバス(160R、約1360円)

11:20 南アフリカ、国境着

 ↓南ア出国、レソト入国

11:45 レソト側タクシー乗り場着

 ↓タクシー(交渉後50R、約430円。シェアだと20R)

12:15 マセル バスターミナル・セモンコン行き乗り場着

12:30 マセル発

 ↓ミニバス(140+荷物代10R、約1280円)

14:50 セモンコン・バス乗り場着

 ↓徒歩

15:15 セモンコンロッジ着

 

-----


(以下日記)

 

インターケープ、到着遅れてくれますようにと思っていたけど、時間通りに真夜中の2時55分にブルームフォンティンに到着。

f:id:yukitabi2018:20240530150725j:image

インターケープの待合室に行くと、若い白人男性の隣の席が空いてたので、座っていいか確認して席確保。

その人も私とは別便で着いたばかりのようで、インターケープの人に乗継について質問してるのを聞いてると、7時半のバスのよう。

ということは、この人も朝までここにいるんだ…と心強い。白人は彼だけで、アジア人はもちろん私だけ。

f:id:yukitabi2018:20240530150740j:image

インターケープの待合室は女性が多く、インターケープ利用者用の電源もある。そこに差しっぱなしになったスマホがあるので、治安は良さそうな感じです。

 

隣の白人の彼に荷物を見てもらうのをお願いし、ターミナル内を少し散策。

f:id:yukitabi2018:20240530150558j:image

他のバス会社のカウンターにも待合スペースがあり、そこにもバスや朝を待つ人が。

f:id:yukitabi2018:20240530150840j:image

そして、インターケープの待合室の横にはなんと24時間営業の売店が。

f:id:yukitabi2018:20240530150605j:image

さらに今は鍵が閉まってるけど、ちゃんとトイレがある。しかも、売店にお金払うかしたら使わせてもらえそうな雰囲気。

先人の旅人やGoogleマップの口コミによると、ブルームフォンティンのバスターミナルにはトイレが無いって散々書かれてたので、朝に絶対トイレに行きたくなる私は、ここの移動が一番不安だったのです…。

でも、トイレはあるし、朝を待つ相棒は見つけたし、ほっと一息。

 

インターケープの待合室に戻り、しばらくウトウトして起きたら、白人の彼は隣のおばちゃんと話し込んでいて、英語じゃなくてアフリカーンス語のよう。


その後私にも話しかけられ、彼はヨハネスブルク出身の父とジェフリーズベイ出身の母を持つ南アフリカの人だった。

おしゃべりが好きなようで、猫や犬の写真とか、日本のアニメとか色々話してくれた。


その間に女の人がインターケープの人にトイレの鍵開けてとお願いし、続々とみんな向かうので私も倣う。

f:id:yukitabi2018:20240530150550j:image

インターケープ利用者は、言えば鍵を開けて使わせてくれるみたいです!しかも結構綺麗。

 

---

 

そして6時半。もう外は明るくなったので、移動します。

配車アプリをあけると、Uberはいなかったけど、boltが2台近くにいたので、ピックアップしてもらいやすい隣のKFCに移動。

彼も朝ごはん食べるというので一緒に向かう。

外はそんなに危ない感じではなかった。

f:id:yukitabi2018:20240530150540j:image

KFC内でboltをオーダーしてみると、なんと2台とも拒否。近すぎるからか、安すぎたのか(29ランドでした)。

彼に別れをつげ、仕方なく一人でバスターミナルに戻り、タクシーを探す。

f:id:yukitabi2018:20240530150629j:image

そうすると、私がレソト行くって話を聞いてたのか、マセル行きだろ?連れていくよ!とすぐ声かけられた。

いくらか聞いたら60ランド(約510円)。50ランドぐらいに値下げ交渉しようかと思ったけど、それでいいからマセル行きの乗り場まで案内してくれるようお願いした。

f:id:yukitabi2018:20240530150638j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150656j:image

↑ブルームフォンティンのランドマーク的発電所

 

-----

 

そして7時にTaxi rank到着。

ターミナル内までタクシー乗りつけて、チケット売り場の側でおろしてくれた。

f:id:yukitabi2018:20240530150807j:image

↑マセル行きチケット売り場

そしてこれが先人達のブログで散々読んだチケット売り場ね、と中に入ると売ってくれる人がおらず数分待つ。

中は待合室になっており、人がたくさん。

私は注目の的。

おじさんに何か話しかけられ、英語かどうかもよくわからなかったので、マセル行きたいんだけど…誰もいないのかな?って話すと、おじさん何か皆んなに話して爆笑。

感じ悪!女の人は微妙な顔つきしてるからそんなによくない話なんだろう。

話しかけるのはやめにして、黙って待つ。

 

何分か待ってたらおじさんがやってきて、無事チケット購入。

⚫︎ブルームフォンティン→マセル(国境)160ランド(約1360円)。

f:id:yukitabi2018:20240530150815j:image

(↑価格表あるので安心)

リストを見ると3人目…。これは待ちそう。

ブルームフォンティンのバスターミナルで5時ぐらいからタクシーの客引きがウロウロしてたので、それぐらいの時間に移動してたら一便に乗れてたかも…。

夜明け前でもtaxi rankは危ない雰囲気は無さそうでした(たぶん)。


f:id:yukitabi2018:20240530150728j:image

マセル行きのバスに乗り込もうとしたら鍵が閉まっていて、仕方ないのでチケット売り場に戻ってそこの待合室で待つ。

f:id:yukitabi2018:20240530150755j:image

しばらくすると、さっきチケット売ってくれたおじさんが、マセル行きだろ、おいで!って、バスまで案内してくれた。

f:id:yukitabi2018:20240530150533j:image

バスはもう扉が開いていて、大きな荷物はとりあえず外に置いておくよう。他の人の荷物と一緒に私も置いた。

f:id:yukitabi2018:20240530150554j:image

車内に自分の荷物を少し置いて席を確保。

f:id:yukitabi2018:20240530150645j:image

バスの中には私ひとりだし、時間あるので目の前で売ってたソーセージ購入。

f:id:yukitabi2018:20240530150732j:image

10ランド(約85円)。スパイスとビネガーをたっぷり注いでくれた。

f:id:yukitabi2018:20240530150543j:image

8時ごろからぽつぽつ人が集まり始め、9時前に半分ぐらいになったのでトイレへ。

f:id:yukitabi2018:20240530150818j:image

3ランド(約25円)紙付き。許容範囲のトイレでした!

f:id:yukitabi2018:20240530150648j:image

9時半ぐらい出発かと期待したけど、結局出発したのは9時50分。

荷物は皆んなが乗り込んだあと、バスの通路へ。

車内は綺麗に着飾った人もいたし、治安の悪さは全く感じずでした!

 

(余談)

マセル行きの隣の隣がウェペナー行きだったけど、まだ待ちそうでした。

歩き方で紹介されてるからか、ウェペナー行きが早い説あるけど、私の時はマセル行きが先発したし、国境の渋滞はトラックのみで、ミニバスは渋滞なしですんなり国境へ着いたので、素直にマセルブリッジ経由で入国した方が早いと思います。(タイミング次第ですが)

 

f:id:yukitabi2018:20240530150536j:image

↑マセルに向かう途中の風景も綺麗だった!

f:id:yukitabi2018:20240530150722j:image

↑国境間近。トラックが並んでる横をミニバスはすんなり国境へ。

 

約1時間半で南アフリカ側の国境に到着。

f:id:yukitabi2018:20240530150811j:image

ゲート越えると右側にトイレあり。レソト側には見かけなかったので、この後まだ移動するなら行っておくとベター。同じバスに乗ってた女性たちもやってきた。

f:id:yukitabi2018:20240530150826j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150617j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150710j:image

↑マセルブリッジからの眺め。


f:id:yukitabi2018:20240530150803j:image

手続きは南ア側もレソト側も全く簡単。

 

レソト入国後、ゲートを出るとタクシーに声かけられ、いくらか聞いたら100と言うので、高いからいいですと先に歩こうとしたら「待て待て!」と。

なんか懐しいこの感じ!

 

ドライバーにシェアで20マロチで交渉できたけど、早くセモンコンに付きたかったので値引き交渉して50マロチで私一人でミニバスターミナルへ。向かってる途中、ドライバーにもう10マロチ頂戴って言われたけど話逸らして払わず。

 

(余談)

レソトのイミグレを出るとすぐに白タクが待ち構えて引き止めてきますが、そのままマセル方面に歩くと、車体に黄色のラインが入った巡回乗合タクシーがいると思います。それなら一人13マロチ(約110円)で市内まで移動できます。

バスターミナルまで行くルートのタクシーもいると思うので、時間あるなら巡回タクシーもオススメ。

 

-----


f:id:yukitabi2018:20240530150625j:image

セモンコン行きには順調に乗継成功。私が乗り込んで15分程で出発。

 

チケット代払う時、お釣り少なく渡され、50マロチ俺にくれと言われたけど返してもらう。さっきのタクシーといい、お金お金うるさい。

出発する際、バスの外に置いていた大きな荷物を通路に置き、荷物の持ち主に10マロチ(約85円)請求。

荷物代いるとは思わなかったけど、他の人も払ってたし、払ってない人は自分の膝に置けって言われてたし私も素直に払った。

60リットル16キロのバックパック膝に乗せて何時間も移動嫌なので、10マロチで通路に置かせてもらえて逆に良かった。


セモンコン行きの車窓は絶景。あっという間だった。

f:id:yukitabi2018:20240530150602j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150718j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150743j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150759j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150822j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150833j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150748j:image

私が景色に夢中になっている間、隣の女の子は静かに吐いてた。そして汚物で満たされたビニール袋は窓の外へ…。

ロマを出てからカーブとアップダウンの連続なので、車酔いする人には地獄のコースかも。

 

14時53分。約2時間20分でセモンコンに到着。

f:id:yukitabi2018:20240530150706j:image

少し見渡すと、セモンコンロッジはあっちという看板が目に入り、そっちへ進む。

f:id:yukitabi2018:20240530150634j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150613j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150659j:image

段々と悪路になり、川の向こうには何やらロッジらしきものが…。

f:id:yukitabi2018:20240530150652j:image

もしや川渡った後、またあの高さまで登るのか…(予感的中)。

荷物の重い私には辛かったです。


f:id:yukitabi2018:20240530150736j:image

バスターミナルから25分程歩いてようやく宿に到着。

ドミはレセプションから階段を一番上に上がったところにあり、荷物は案内してくれるスタッフが運んでくれたけど、私はそれでもへとへとになりながらついていく。

 

しかも、明日の朝ごはんを買いにまたバスターミナル付近まで戻らねば…。

f:id:yukitabi2018:20240530150714j:image

嫌々ながら来た道をまだ戻り、パンやチーズ、ラーメン、玉ねぎを購入。

f:id:yukitabi2018:20240530150752j:image

もう帰ろうかと思ったけど、ドミにいたフランス人が、ここのWi-Fi良くないって言ってたので、SIMを買うことに。

 

バスターミナル付近でキョロキョロしてたら、何探してんの?と声をかけられ、SIMカード買いたいというと、この場所を案内してくれた。

f:id:yukitabi2018:20240530150547j:image

↑八百屋も兼用してるこの店。

vodacom って書いてる小屋は沢山あるから、どこで買ったらいいかわからないので教えてくれて良かった。

 

★SIMについての詳細はこちら

https://yukitabi2018.hatenablog.jp/entry/2024/05/14/233000

 

おばちゃんにアクティベートをお願いし、エアタイムを買い、エアタイムのトップアップのやり方をまた別の人に教えてもらい…

スマホも無事ネット使えるようになった。

 

そして夕食。フランス人から高いって聞いてたけど、長い移動の後に自炊をする気にはなれず、宿のレストランへ。

f:id:yukitabi2018:20240530150702j:image

f:id:yukitabi2018:20240530155115j:image
f:id:yukitabi2018:20240530150837j:image

↑スターターのファラフェル(65マロチ、約550円)と、メインのローズマリーチキン(165マロチ、約1400円)。+tips


味付け濃いめだけどボリュームもあって美味しかったです!創作フレンチみたいな感じ。

f:id:yukitabi2018:20240530150641j:image

↑星空もなかなか綺麗でした!

 

【ポートエリザベス→ブルームフォンティン】インターケープのスリープライナーで移動

 

今日は移動日です。

バスの時間は17時半なので、宿の共有スペースでブログ書いたりネットしたり。

f:id:yukitabi2018:20240522145052j:image
f:id:yukitabi2018:20240522145024j:image

 

昼ごはんは遅めの14時に宿から近くのChicken Lickenへ。

f:id:yukitabi2018:20240522145247j:image
f:id:yukitabi2018:20240522145338j:image

向かいにマックがあるけど、こっちの方が眺めが良いので、海見ながらハンバーガー。

f:id:yukitabi2018:20240522145317j:image

今日のセットみたいなやつに店員さんに勧められたチーズ追加で、チーズ入りチキンバーガーにポテトとコーラ。50ランド(約420円)。

 

今日はバス移動で晩ごはん食べないと思うので、これが今日の最後の食事です。

 

そして、これを食べてる時に気付いたのですが、私のスマホのSIMの電波が立ってない!

後でbolt呼ぶつもりなのに…。

ステレンボッシュでも似たようなことがあって、その時にtelkom行ったら「たまにあるから気にすんな!そのうち復活する」とのことだったけど、電源切ったりSIMカード入れ替えたり、機内モードオンオフにしたりと出発時間が迫る中あたふたしてたらそのうち復活しました。間に合って良かった。(翌日、繋がらなくてごめんね!詫びデータプレゼントするね!のメッセージが来てた)

 

16時になったので宿を出発。普段はbolt使うけど、なぜかuberの方が安かったのでuberを呼んだ。

そしたら、「バスの時間何時?寄り道していい?すぐだから!」ってドライバーは酒屋に寄るし(買ったのはコーラでしたが)、降りた後ドライバーが完了せず、こういう時どうしたらいいのかわからずとりあえず完了したら、まだ私が乗ってる状態になってて、キャンセルを押すのか完了なのかわからず、もう一度完了にしたら二重請求に!(怒)

文句言おう!と思ってたら、安かった先の方をドライバーがキャンセルしたみたい。

評価依頼が来たので下げました。

boltの方がオーダー前にどれぐらい台数いるか見えるし、シンプルだし、ドライバーもboltの人の方がいい気がするので、南アに行く時はboltのアプリは必須です。uberはあくまでサブで。

 

-----

ということがあったけど、ポートエリザベスのインターケープのオフィスには無事到着。

f:id:yukitabi2018:20240522145755j:image

ターミナルというより、本当にただのチケットオフィスで待合室の椅子は早い者勝ちです。トイレはあり。

 

-----

 

◾️インターケープ スリープライナー

ポートエリザベス→ブルームフォンティン

450ランド(約3780円)

2日前にネットで購入。少し前から値段チェックしてたけど、オフシーズンなのか変動なかったので焦らず買った。

似たような時間帯でメインライナー(スリープライナーよりグレードが低い)があったけど、走行距離の関係か、スリープライナーの方が安かった。

wifiは使用できず、電源はあり、トイレは許容レベル。寒いかと思ったけど、暖房効かせてるので暑かったです。夏は寒いのかも…。

 

◾️インターケープのネット予約の仕方

 

https://www.intercape.co.za

 

検索までは簡単だと思いますが、支払い方法は↓丸の付けたところです。

f:id:yukitabi2018:20240522150239j:image

使うクレカで3Dセキュアの形が変わるかもしれませんが(詳しくはググって下さい)、REVOLUT のカードは認証もなく普通に決済できました。

f:id:yukitabi2018:20240522150407j:image

↑上部に自分の情報を入力し、ひとりなら下のpassenger No1は「COPY PURCHASER」を押すだけでOKです。

後わかりにくかったのは、カード情報に「straight」か「Budget」か選ぶところがありましたが、デフォルトの 「straight」のままにしておきました。

 

◾️搭乗の仕方(スリープライナーの場合)

f:id:yukitabi2018:20240522151020j:image

① 出発の30〜40分ぐらい前にチェックインのアナウンスがあるので、荷物を持って計量へ(オンラインチケットの画面は不要で、名前を聞かれただけです)。窓口に紙のチケットの発行必要か聞いたけど、これも不要とのことでした!

② 荷物の重さを測り、タグシールと重さのレシート、座席番号を書いたチケットをくれます。座席は、インターケープの人がハンディ持ってるので、ここがいいって指定できます。(ポートエリザベスのスタッフは感じ良かったです!)

③ 荷物を持って乗車。私のバスは始発だったので、20分前に来ました。

 

-----

私がポートエリザベスで乗車した時は半分ぐらい空席があり、私の隣も誰もいなかった。

f:id:yukitabi2018:20240522150953j:image

スリープライナーの座席はふかふかで、かなりフルフラットになる!

昨日あまり寝てないのですでに眠たく、後ろの席も空いてたのでフルフラットで就寝。

 

出発して2時間45分後、20時15分にクックハウスで約25分休憩。トイレ2ランド(コイン要)。

ここで何か食べてる人もいたけど、私は何も食べず就寝。前日の睡眠時間が短かったから、結構爆睡できた。

寒いかもと思ってダウンを持ち込んだけど、むしろ暑かった。冬は暑く、夏は寒いのかも。


途中、どこかの街で空席をウェイティングリスト順に乗客を乗せて満席に。結構人気なのか、空席が自分まで足りず降りていった人もいた。座れた人は、わりと勝ち誇った感じで、ドライバーが「ウェイティング1!」「ハイッ」って感じでテンション高めだった。笑

 

私は寝てて降りなかったけど、隣の人がタバコ吸いに2度程席を立ったようなので、休憩があったのかも?


(つづく)

【南アフリカ】ポートエリザベスの宿

 

◾️Lungile Backpackers

 

f:id:yukitabi2018:20240512152531j:image
f:id:yukitabi2018:20240512152527j:image

女子ドミ(4人部屋、バスルーム付き)

HOSTEL WORLDで前日に予約。

・3泊820.8ランド(1泊273.6ランド、約2300円)

※2泊で予約すると1泊304ランドだったので、長い方がお得みたい。男女混合ドミは266ランド。公式HPからでも予約できるけど、ホステルワールド経由の方が安いです。(但し一部前払金要)

 

ポートエリザベスは、bookingコムだとお手頃な宿がありません。Jikeleza Lodgeがあるけど、街の中心に近いが口コミも微妙だし治安も不安な場所。Lungile Backpackersは治安のいいサマーストランド地区に近く、ここにしました。でも正直、ポートエリザベスならここ一択だと思う。

 

Wi-Fi

・コンセント◯(ドミに1箇所。人数分の電源はある。)

・ロッカー 有り(自分の鍵必要)

・バスタオル なし

・シャワー◯(綺麗だけどトイレはやや狭い。シャワーは熱いお湯がでるけど、高いところにありすぎて、水量が分散する。使ってないけどドミ外にも広い共有バスルームあり)

f:id:yukitabi2018:20240513070527j:image

・キッチン◯(調味料なし、一通りのツールあり)コーヒー、紅茶フリー。油置いてきました。

 

【居心地・雰囲気・客層】

私の時(5月)はオフシーズンなので、旅行客は私とスイス人のおじさんだけだった。あと、長居してそうな白人のおばさんがいた。

ガイドらしき人が2人共有ルームのソファで寝そべってることが多かったので、室内の共有スペースはあまり利用してない。

f:id:yukitabi2018:20240513194100j:image

来週には里帰りするし、ツアーが忙しい時はいないと思うので、それがデフォルトではないと思う。

f:id:yukitabi2018:20240513070823j:image

↑でも、共有スペースは外のテラスや、キッチンにもあります。

f:id:yukitabi2018:20240513070819j:image

↑キッチンのテーブルから見えるプール。

 

受付の若いお兄ちゃんはそんなにフレンドリーではなかったけど、掃除のおばさんはフレンドリーでした。チェックアウト後の荷物預かりももちろん問題なし。

f:id:yukitabi2018:20240513070731j:image
f:id:yukitabi2018:20240513070734j:image

キッチンのツールがそこそこ揃ってるので、自炊しやすいと思います。スイス人のおじさんは、棚の中の調味料を勝手に使ってたけど、それがフリーだったのかは謎、笑。ガイド達はいい人なんだけど、キッチンツールをなかなか洗わずシンクにそのままだったのが頂けない。夜も飲み会してたけど、常識ある時間に静かになってたし、嫌な感じではない。

女子ドミあるし、広い部屋を3泊ずっとひとりで使えたし、設備も綺麗だし、結果的にとても居心地が良かった。男女混合ドミの6人部屋も広かったし居心地良さそうでした。

 

【立地・治安】

立地は、インターケープのオフィスからboltで10分程。30〜40ランドぐらい(約250〜330円)。

宿周辺の治安はかなりいいと思うので、女性にはぜひオススメ。宿の玄関も昼間は開けっぱなしだった。徒歩5分程のところにファストフード2件あり、夜でも行けるんじゃないかと思うぐらい。スーパーがあるボードウォークモールまではゆっくり歩いて30分かからないぐらい。海見ながら歩いてたら結構あっという間です。日曜日のお散歩におすすめ。

【ポートエリザベス】のんびりデイ

 

今日は日曜日。

本当は今日の夜行でブルームフォンティンに移動しても良かったんだけど、2泊の移動が続いて疲れたので、休憩とこれからのハードな移動に向けての安息日

f:id:yukitabi2018:20240513012519j:image 

午前中は、朝ごはん食べたあと宿のテラスでのんびり。

着いた日はあまりに宿泊客の気配がなくて怯えたけど、今朝はスイス人のおじさんがいた。彼も同じように不安だったのか、私がツーリストとわかると嬉しそうだった。午後から一緒に出かけないか誘われたけど、今日はゆっくりしたかったのでお断り…。彼はヨハネスブルグから来て、これからケープタウンに向かうそうだ。それまでの道中は未定らしいので、ガーデンルートをオススメ。

 

あと、マラウイから来てたお兄さんもいて、彼は旅行者ではなくエレファントツアーのガイドだそう。そういえばツアーの車隣に停まってたし、この宿でもツアーを斡旋してた。でももうオフシーズンなので、来週マラウイの家族のところに帰るとのこと。どうやって帰るか聞いたら、3日かけて、ヨハネス、ジンバブエモザンビークとバスを乗り換えて帰るらしい。

マラウイの人が良かったっていう話よく聞くよって言うと、彼は本当に誇らしげにマラウイ人はみんな良いやつなんだ!盗んだりしないしフレンドリーだしスマイリーだと、うんうん頷いてた。

 

ずっと宿に引きこもるのも何だし、お金も降ろしたいので13時に外出。昨日行ったサマーストランドのモールまでお散歩。

f:id:yukitabi2018:20240513012506j:image

宿周辺はリゾートのよう。

f:id:yukitabi2018:20240513014220j:image

宿の近くにマックがあって目印になる。

f:id:yukitabi2018:20240513012514j:image

海沿いを歩きます。

f:id:yukitabi2018:20240513014356j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014406j:image

今日は、昨日に比べて人が多い。日曜日は街中はゴーストタウンみたいになるけど、海に近いところは人が集まることが多くて安心して歩ける。

f:id:yukitabi2018:20240513014335j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014402j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014343j:image

のんびり散歩するのにいい道。

f:id:yukitabi2018:20240513014332j:image

サマーストランドのKFCまで来たら、昨日の倍以上人がいて賑わってる。

f:id:yukitabi2018:20240513014328j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014414j:image

↑桟橋の一番端から海を覗いたらレールが。

f:id:yukitabi2018:20240513014346j:image

海も昨日より賑わってて楽しそう。

f:id:yukitabi2018:20240513014420j:image

KFCの隣のレストランは、ドレスアップした黒人女性たちが多く、行列してた。

f:id:yukitabi2018:20240513014410j:image

私はKFCで昼ごはん。ラップサンドとナゲットのセット、 62.9ランド(約530円)。

 

その後、レソト用にまとまったお金を降ろし、宿へ帰る。

f:id:yukitabi2018:20240513014339j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014417j:image
f:id:yukitabi2018:20240513014353j:image

↑写真スポットには一眼レフを下げた人達がたくさんいて、写真を撮ってる人を横から撮って、気に入ったら買ってもらうみたいです。

【ポートエリザベス】中心街とサマーストランド地区

 

朝起きてキッチンに行くと、受付にいたお兄ちゃんは掃除、もう一人料理してる人がいて、話したらジンバブエ人だった。働いてるって言ってたから、スタッフか関係者?

ポートエリザベスの治安はどうか聞いてみたら全然大丈夫!路線バスで市内まで行けるよ〜とのこと。

 

確かに路線バス走ってたな!(Googleマップには出てこない)

だけど私は素直にboltで市内に行きます…。

 

出掛ける前に、明日の移動のバスをネットで購入。クレカ決済できなかったらオフィスで買おうと思ったけど無事決済できて安心。

f:id:yukitabi2018:20240512180808j:image

boltにどこで降ろしてもらおうか迷ったけど、インターケープのオフィスまでにして、30ランド(約250円)+tips。約10分。2ドアの車だったので助手席で移動。

f:id:yukitabi2018:20240512180914j:image

着いた瞬間、なんか気軽にスマホ出せる雰囲気ではないなと…。

f:id:yukitabi2018:20240512180846j:image

後ろを気にしながらこそっと写真撮る。

f:id:yukitabi2018:20240512180821j:image

サブのスマホも持って来てたので、それで写真撮ったらSIM入れてないからシャッター音が鳴り響いた(汗)

 

もうちょっとこの辺歩こうか決める為にKFCに避難。

f:id:yukitabi2018:20240512180814j:image

↑気になってた照り焼きみたいなクリスピーチキン。照り焼きとは違う甘辛で表現しづらいけど美味しかった!(44.9ランド、約380円)

 

KFCの窓から外を見てたら、白人二人がスマホ見てて何か話してて、そしたら彼らに後ろから近付く男がひとり…。後ろから彼らの手元を見て去っていった。ただ気になったのか、スマホが何なのか確認しにいったのか。

 

f:id:yukitabi2018:20240512180804j:image

土曜日は各お店の閉店時間が早い。たぶん夕方にはほとんど閉まる。

目抜き通りを1往復して1時間ぐらいしか滞在してないけど、治安良さげなサマーストランド地区のBoardwalk Mallに行くことに。ここからすぐのドンキン地区も行ってみたかったけど、Googleマップに詐欺師や偽警官がいるって口コミが多かったのでやめておくことに。

f:id:yukitabi2018:20240512180853j:image

KFCと同じ建物にあった衣料品店

f:id:yukitabi2018:20240512180911j:image

↑建物は綺麗なんだけど…。

 

帰りもインターケープのオフィスから帰ります。念の為、ネットで今朝買ったバスチケットの集合場所もここでいいか確認。

f:id:yukitabi2018:20240512180917j:image

boltで一度マッチングをキャンセルされたものの、女性ドライバーがいたので初めてオーダーしてみた!

f:id:yukitabi2018:20240512180754p:image

女性ドライバーに忙しい?って聞いたら忙しいって言ってた!台数少ないもんね。少し高くても女性ドライバーいたなら私も選ぶ。

 

10分程でサマーストランド地下のKFCに到着。49ランド(約360円)+tips。

f:id:yukitabi2018:20240512180758j:image

このあたりは白人も黒人も観光客っぽい人が多い。

f:id:yukitabi2018:20240512180811j:image

f:id:yukitabi2018:20240512180903j:image

f:id:yukitabi2018:20240512185817j:image

普通にスマホ出せます。

f:id:yukitabi2018:20240512180842j:image

↑遠くにポートエリザベスの港。数日前にピースボートが停泊してたみたい。見たかった!

f:id:yukitabi2018:20240512180801j:image

↑こっちは平和な方。

f:id:yukitabi2018:20240512180838j:image

↑振り返ると高級ホテルなど。

f:id:yukitabi2018:20240512180818j:image

↑海の水も綺麗!夏だと海水浴の客が多そう。

f:id:yukitabi2018:20240512180907j:image

↑Boardwalk Mall に行きます。

f:id:yukitabi2018:20240512180900j:image

モールは観光地ではないけど、ほっとする。

f:id:yukitabi2018:20240512180826j:image

芝生のベンチでゆっくりした後、スーパーで買い物し、歩いて帰ることに。

f:id:yukitabi2018:20240512180834j:image

街中と違いリゾート感ある。

f:id:yukitabi2018:20240512180850j:image

海沿いの道を歩いてる人もいたし、不安なし。

f:id:yukitabi2018:20240512180830j:image

野菜ミックスでスープと、食べたかったワカモレペースト。ワカモレペースト、ノーマルを買って来たけど味が物足りなく、スパイシーのやつにすれば良かった!(塩足して食べた)

【南アフリカ】ジェフリーズベイの宿

 

◾️African Ubuntu Backpackers

 

f:id:yukitabi2018:20240510034002j:image
f:id:yukitabi2018:20240510033957j:image

男女混合ドミ(6人部屋)

booking.comで2日前に予約。

・2泊307.8ランド(1泊153.9ランド、約1295円)

 

bookingコムで残り6台になってたからドミ一人で使えること期待してたけど、先客2名いた。

 

Wi-Fi ◎(結構早い)

・コンセント◯(下のベッドしか届く位置にない)

・ロッカー 有り

f:id:yukitabi2018:20240510034034j:image

(自前の鍵要。すのこを使った手作りロッカーで隙間あいてるので、安全かどうかは微妙。)

・バスタオル なし

・シャワー◯

f:id:yukitabi2018:20240510034111j:image

f:id:yukitabi2018:20240511011350j:image

→上の階のシャワーは熱々出るけど、温度調節難しい。下の階のドミ前のシャワーはお湯出るまで少し時間かかる。シャワー&トイレ1箇所、独立シャワーとトイレが各1箇所。内装は可愛いし、綺麗に掃除されてるしトイペもたくさん置いてくれてる。

お客さん少なかったから混み合わなかったけど、多かったら待つかも。ビーチ帰り用のシャワーが外にある。

・キッチン◯(フリーの調味料類は見かけなかった。一通りのツールあり)コーヒー、紅茶フリー。

f:id:yukitabi2018:20240510034142j:image

 

【居心地・雰囲気・客層】

ドミは寒くて暗くて、ベッドも座れないぐらいの低さであんまり好きじゃなかったけど、その代わり共有スペースがいっぱいある。結構綺麗に掃除されてて、チルスペースがいっぱいあるのはサーファー宿っぽい。

f:id:yukitabi2018:20240511011832j:image
f:id:yukitabi2018:20240511011850j:image
f:id:yukitabi2018:20240511011843j:image

f:id:yukitabi2018:20240511012848j:image

海の音も聞こえる。共有スペースがたくさんあって広々使えるので居心地良かった。チェックアウト後に時間つぶすのにも困らなかった。

お客さんは、個室にサーファーのファミリーやカップル客などがいた。ドミには南ア出身の男性2人。サーファーでも旅行客でもなさそうだったけど、2人とも感じが良かったし、サーファーの人達もみんな優しかった。

サーフィンのシーズンになって混み合う頃は、サーフィンしない人はもしかしたら居づらいかも…。

 

【立地・治安】

ジェフリーズベイのメインビーチまでは徒歩30分ぐらいだけど、海には徒歩10分ぐらいだし、スーパーも10分圏内に2件あり。(SPARの方がパンや惣菜の種類も多くオススメ)

昼間歩く分には問題なし。夜はやっぱり暗いし人通りもないので出かける感じではない。

【南アフリカ】ガーデンルートの移動手段はbazbusがオススメ!

 

ガーデンルートは、バズバス(bazbus)で移動しました。

https://bazbus.com

f:id:yukitabi2018:20240511235138p:image

ケープタウンからポートエリザベスまで無期限、一方通行。199ドル(31481円)。

画面を進めると、レギュラーかVIPか選択する画面が出て来ましたが、キャンセルする可能性はほぼないので私はレギュラーにしました。

f:id:yukitabi2018:20240511235131p:image
f:id:yukitabi2018:20240511235135p:image

 

【バズバスに決めるまで】

旅行開始前からもともとガーデンルートを旅する予定でしたが、歩き方(2020-2021)にも掲載されているこのバズバス、コロナ後の日本語の情報がほとんどない。

心配なのはコロナ後の今でも稼働してるか。

バズバスのホームページで申し込みできそうではあったけど本当に運営してるのか半信半疑でしたが、久しぶりにトリップアドバイザーのページで確認したら、外国人で2024年にレビューしてる人がいたので決めました。

(→ ロングストリート近くにある現地事務所に確認に行きましたが運営してます。)

 

【日本で購入】

購入するとIDがもらえてログインできるのですが、ログインするまで提携の宿がわからず、出発前に思い切って購入。

偶然私が予約してたケープタウンの宿が提携宿でしたが、ケープタウン中心部なら提携してなくてもピックアップに来てもらえると思います。有名宿は大体提携してます。

オフシーズンの4月以降なら直前でも売り切れる心配はないので、現地で買ってもいいかも。

現地のパンフレットにクーポンコードありました。(適用されるかは不明ですが試してどうぞ)

f:id:yukitabi2018:20240511232901j:image

私はポートエリザベスから別の街に行くので一方通行のバスにしましたが、期間限定の旅でなおかつケープタウンに戻ったりするのであれば、全方向乗り放題の期間限定パスでもいいかも。またあの街に戻りたいと思えば戻れるし、手頃な宿がある街を全方向で選べるので良いかと。スタートと終わりの街も自由。ジョージから大型バスも出てるので、ここを終点にして各都市に移動も可能です。

f:id:yukitabi2018:20240512133201p:image

 

【バズバスの良かったところ】

・ドアtoドアなので安心!

・チェックインを見届けてくれる。

・荷物多くても問題なし!食材持ち運んでました。

 

悪かったところは正直ないです。

・休憩はおしゃれなベーカリーやモールなどで時間を作ってくれます(20分ぐらい)。フレキシブルに対応するって言ってたので、トイレに行きたくなってもどこか探してくれるはず。

・私が旅した4月後半からはオフシーズンのため、毎日の運行から週5の運行に減便しましたが、そこまで不便ではなかったです。( 私が出発する3日前ぐらいに減便の連絡が来て焦りましたが…)オンシーズンだと前日に席がいっぱいになる可能性があるかもしれませんが、オフシーズン(4月以降)は前日予約で問題なしです。

・2024年は、ケープタウンからポートエリザベスは火曜・木曜が運休、ポートエリザベスからケープタウンは水曜・金曜が運休でした。何曜日運休になるかはその時ごとに変わると思うので要確認です。

・ピックアップ時間は、ケープタウンポートエリザベスは、ケープタウンの早朝6時15分ピックアップから始まり、ポートエリザベスに向けて遅くなります。ケープタウンは時間通り、それ以降はスケジュールより大体1時間早くピックアップに来てたので、オフシーズンの場合、早めに準備しておく必要があります。(私はwhatsappで何時ぐらいに着くか確認してました。大体スケジュール通り、って返事が来ても早く到着してました)

 

【購入後の画面】(ケープタウンポートエリザベス一方通行ルート)

どんな画面かサンプルもなかったので不安でしたが、至ってシンプルで簡単でした。

購入後IDが与えられ、苗字とIDですぐログインできます。

f:id:yukitabi2018:20240511235658j:image

↑使うのは赤丸のTrip Itinerary だけ。

次の画面で以下が出てくるので、自分の移動する日とピックアップの宿を選ぶだけです。

f:id:yukitabi2018:20240511235704p:image
f:id:yukitabi2018:20240511235701p:image

★注意★ただし、降りる場所から先の日付を仮でいいので、先の日付に変更しておくこと!例えば、5/1にケープタウンからステレンボッシュに行く場合、ステレンボッシュを5/2以降に変更。これを変更せずステレンボッシュ以降が5/1のままだと、ステレンボッシュ以降も5/1に移動することとしてFIXしてしまいます。うっかりそうなった場合はバズバスオフィスに要相談です。

 

また、リストの中に自分が泊まりたい宿がなくても、ルート上であればピックアップ可能とのこと。

その場合、whatsapp や、contact usから連絡すればOK。

↓連絡先

f:id:yukitabi2018:20240512002803p:image

↓事務所(建物の2階。扉閉まってるけど押せば開きます。入口にFOR SALEの貼紙あるけどBazbusとは無関係)

f:id:yukitabi2018:20240511232905j:image

以前は定期的に発行してたcoast to coastは、コロナ後まだ新しく発行してないみたいで古いものだったけど、バズバスのオフィスでもらいました。

f:id:yukitabi2018:20240512145733j:image

 

【まとめ】

私は結果15日間の旅でした。

以下移動ルート(★印はオススメ)

① ステレンボッシュ 5泊 ★

② ヘルマナス 2泊 ★

③ ナイズナ 2泊

④ プレッテンバーグベイ 1泊 ★

⑤ ストームスリバー 2泊

⑥ ジェフリーズベイ 2泊

2泊ずつの移動は結構疲れたので、1ヶ月ぐらいかけてガーデンルートをゆっくり旅するのもオススメです。

ヘルマナス〜ナイズナ間は、泊まろうと思ってた宿が満室で飛ばしてしまったのが心残り(wilderness )。その心残りもあって、寄る予定になかったジェフリーズベイに寄ったりもしました。笑

ガーデンルート上にはバックパッカー宿が結構あるので、上手に予約すれば宿代もそんなにかかりません。ドミで150〜300ランド(1260〜2500円)ぐらい。個室でも5千円前後。 booking.comでいい宿が見つからない時は、アゴダや、バズバスの提携宿のリストから探したりしました。比較的どこも治安いいし、女性ひとりでも楽しめます。

ステレンボッシュはぜひ長居してペアリングを楽しむのをオススメしたいので、期間限定パスなら、ステレンボッシュを移動のスタートにしてもいいかもしれません。ケープタウンの空港からステレンボッシュまでboltで移動するか、数は多くないけど、ケープタウンからのバスもあります。