ゆ旅

世界一周から離脱して、ゆっくり世界旅。

ヴィルヴヤナで優雅にハイティー。

シギリヤ滞在3日目。

 

午前中はエレファントライドに乗るつもりで宿のニッサンカ(スリランカ人オーナー)に頼んでいたのに、忘れてたのかフルブッキングだったのか、乗れず…。

エレファントライドの隣が宿のカフェなので、このカフェに滞在しながら、適当なタイミングで乗せてくれたらいいよって言ってたんだけど(象は5〜6人乗りで、私はひとりなのでひとり分空いてる時に呼んでくれたらいいって言ってた)、もうちょっと後で…やっぱり14時から…って感じでなかなか声がかからず、15時半に予約してるハイティーの時間になってしまったのです。

この日はカフェの女の子が休みで忙しそうに店番するニッサンカに申し訳ないと思いつつも送ってくれるというので、象は明日の朝という約束をして、隣村のヴィルヴヤナまでスクーターを飛ばしてもらった。

 

ちなみにジェットウィングヴィルヴヤナは価格破壊の今でも1泊300ドルを超える高級ホテル。

ハイティーは15時ぐらいから始まるので、もうこれが晩ごはんです。

f:id:yukitabi2018:20190816160508j:image
f:id:yukitabi2018:20190816160513j:image
f:id:yukitabi2018:20190816160519j:image

なんと贅沢な空間!!

f:id:yukitabi2018:20190816160525j:image
f:id:yukitabi2018:20190816160544j:image

↑もれなく2人分。一番上のイチゴとチョコレートのケーキが美味しかった!スポンジケーキや一番下のサンドイッチやサモサ類は普通。

f:id:yukitabi2018:20190816160531j:image

ロケーションは抜群です。西日が眩しかったけど、池にいる野鳥を見ながらのんびり…。あっという間に2時間がたった。

f:id:yukitabi2018:20190816160536j:image

野良犬?が住んでるところも高級ホテルとアンマッチで良かった。私のハイティーのお供。定期的にスタッフに追い払われてたけど。

 

もっと居たかったけど日が暮れてくるので、ニッサンカに電話して迎えに来てもらった。

シギリヤ村からバスと徒歩で行けなくもないです。(こんな高級なとこ徒歩や自転車で来る人おらんと思うけど。笑)

 

ハイティーは1860(サ税込)ルピー、約1120円でした!2人で来たらひとり600円しないぐらいです。ありえないコスパの良さ。予約した方がいいです。(私はニッサンカに予約してもらった)

 

f:id:yukitabi2018:20190816161719j:image

帰りに野鳥が沢山いるエリアに寄り道してもらったりして宿に帰宅。

水が少ないからか蛍がいなかったんだけど、いつもは通年たくさんの蛍が見れるみたいです。

ピドゥランガラを午前に!シギリヤロックは午後に登ろう!

シギリヤに着いた翌日、早速観光です。

 

歩き方やほとんどの旅人ブログでは、午前中や朝一番にシギリヤロックに登ることを勧めてますが、先人さんの貴重な情報を参考に、私は午後に登ってきました!

 

理由は単純です。午前に行くと、シギリヤロックは正面から見ると逆光で、影になって暗いのです。

綺麗な写真撮るなら絶対午後だし、写真にこだわる人じゃなくても、日に照らされたシギリヤロックを見た方が断然感動します!

正直、なんで午前中に行く人が多いのかさっぱりわかりません。逆光だし、午前中は人が多い。午後の夕方近くなら、順光だし人も減ってきてるし、朝もゆっくりできる。歩き方には午後は蜂に注意とありましたが、私の行った日は1匹も見かけませんでした。

 

という訳で、朝はゆっくりご飯食べて支度して、午前中はピドゥランガラから登ります。

 

宿でフリー自転車を借りて出発。

余談ですが、シギリヤの宿を選ぶ時、シギリヤ近くの宿を最優先にしなくても、多少離れてても気にせず、自転車を借りれるところが便利だと思います。歩くと少し遠いけど、自転車なら余裕なところが多いです。トゥクトゥクより自由に動き回れるのがいいです。

f:id:yukitabi2018:20190815033741j:image
f:id:yukitabi2018:20190815033737j:image

宿からゆっくりと自然を見たり写真を撮ったりしながらピドゥランガラに到着。

f:id:yukitabi2018:20190815035154j:image

f:id:yukitabi2018:20190815033835j:image

500ルピー(約300円)払っていざ登山。

登る途中は影が多く涼しい。

f:id:yukitabi2018:20190815033838j:image

f:id:yukitabi2018:20190815034939j:image

↑ここまで来たらあとちょっと。

f:id:yukitabi2018:20190815033927j:image

最後は少し険しくなるけど、ゆっくり登って約25分。

f:id:yukitabi2018:20190815033703j:image

着いたー!そして目の前には!

f:id:yukitabi2018:20190815034124j:image
美しいライオンロック!午前にここを登ると順光で綺麗に見えます!

 

汗だくだったけど、頂上は風が強く吹いていて涼しい。そして午前中は影ができてるので、影で涼みながらシギリヤロックを見れます。

f:id:yukitabi2018:20190815034354j:image

風も気持ちいいし涼しいし、景色は最高だしで、しばらく座り込んで動けませんでした。

 

ピドゥランガラロックの上は少し開けていて、反対側も歩けます。

f:id:yukitabi2018:20190815034754j:image
f:id:yukitabi2018:20190815034750j:image

風がめちゃくちゃ強いので、服装にはご注意を。

 

合計2時間近く滞在してました。

そしてまだ12時なので、一度シギリヤ村のメインロードに戻って休憩。

 

f:id:yukitabi2018:20190815035555j:image
f:id:yukitabi2018:20190815035550j:image

シギリヤ村には商店やレストラン、ATMもあります。ダンブッラよりはレストランの値段は高くて選択肢は少ないかもしれないけど、この自然はプライスレス。

f:id:yukitabi2018:20190815035852j:image

岩見荘と同じオーナーがやってるCUTE CAFE。エレファントライドの受付の隣にあります。

 

しばらく休憩してるうちに曇り空に…。登ってる間に晴れてきてくれることを祈り、いざ行きましょう。

 

f:id:yukitabi2018:20190815040505j:image

↑野良象に注意!!

 

シギリヤロックのチケットは30ドル(5310ルピー、約3200円 )。高い…。

チケット売り場併設の博物館は大したことなかったです。

 

そして14時頃。これから本命登ります!

f:id:yukitabi2018:20190815040525j:image

曇ってるから暗い…降りてくる時には晴れてくれてますように!!

f:id:yukitabi2018:20190815040539j:image

f:id:yukitabi2018:20190815040532j:image

ここから約25分ぐらいで登る。

ほとんど階段なんだけど、上に近づくにつれ風も強く、高さと合わせてめちゃくちゃ怖かったです…。 

f:id:yukitabi2018:20190815040519j:image

頂上。

f:id:yukitabi2018:20190815040512j:image

↑午前中登ったピドゥランガラ。

シギリヤロックの頂上は空中都市。

f:id:yukitabi2018:20190815040536j:image
f:id:yukitabi2018:20190815040516j:image

美しい景色を楽しむならピドゥランガラ、空中遺跡を楽しみたいならシギリヤロックです。

 

シギリヤロックの頂上も風が強かった。

そして曇り空から太陽が覗きそうな気配があったので30分で下岩。


f:id:yukitabi2018:20190815040544j:image

行きは写真撮る余裕がなかった…(この時もなかったけど)
f:id:yukitabi2018:20190815040529j:image

ライオンの足のところ。

 

そして…

f:id:yukitabi2018:20190815041913j:image

空は曇ってるけど、隙間から太陽が差し込み、シギリヤロックを照らしてくれた…!美しい!

結構曇ってたので太陽に照らされたシギリヤロックを見るの諦めてたけど、このタイミングに感動してしまった。もう大満足です。

 

私が帰る頃は16時頃だったけど、まだまだこれから登りに向かう人はそれなりにいたけど午前の比じゃないです。夕方は空いてるから本当オススメ。ただしダンブッラから来てる人は終バスが17時半ぐらいらしいので気を付けて!

 

その後、宿のオーナーさんから教えてもらったシギリヤロックが見えるレストランで早めにご飯食べて帰宅。

f:id:yukitabi2018:20190816154607j:image
f:id:yukitabi2018:20190816154611j:image

🍽レストラン アヒンサー

ベジライスカレー 400ルピー。

食べきれない!!

野菜の具がたっぷり入ったカレーは辛くても心休まる。

 

いい1日でした!

コロンボ→ダンブッラ経由→シギリヤ

ホステルの朝ごはんが7時からなので、7時に行ったらまだ準備がされてなかった。

…と思ったら、昨日の宿泊者は私だけだったみたい。私が朝ごはんに必要な分を聞いてくれて、持ってきてくれた。

昨日や一昨日はそこそこお客さんの姿を見たのに(それでも稼働率は半分以下)、みんな何処へ…。連泊の人も見かけなかったな。

 

8時前にはチェックアウト。

トゥクトゥクが声かけて来たら100ルピーなら行くって言おうと思ってたのに、突然雨も降って来たのにこんな時にはお声がかからず。そのかわりに、また詐欺に声かけられる。お決まりのテンプレ文句。もういいです。

 

それじゃバスで行こうと思って乗ったら、バス乗り間違えてたみたいで、いつの間にかぎゅんぎゅん飛ばしてバスターミナルから離れた川の向こう側に…!!

焦って降りて、その辺のトゥクトゥク捕まえて、150(約90円)ルピー でバスターミナルに行ってもらいました。笑

100は無理って言われたけど、後からpick me で見ても120ぐらいだったので普通のドライバーさんで良かった。というか最初から宿の近くでこっちからトゥクトゥクに声かけたら良かったわ。

 

フォートからバスターミナルに向かう時は、100番は間違いなく通るし本数も多いので、それに乗りましょう。笑  運賃は10ルピー(約6円)です。

 

ダンブッラ行きのバスは昨日下見していたので、直行。

Bastian Mawatha Bus Stationです。

空港バスが到着するバスターミナルから道渡って南側です。

f:id:yukitabi2018:20190814231910p:image

ターミナル3の15番です。上の地図の赤い印のとこらへんです。

f:id:yukitabi2018:20190814231616j:image
f:id:yukitabi2018:20190814232138j:image

(↑これはジャフナって書いてる写真だけど、確かアヌラーダプラって書いてるところです。ダンブッラに行きたいって言えば教えてくれます。)

タイムスケジュールを昨日聞いた時、エアコンバスは午前中なら1時間に1本は出てるって言われて本当かなと思ってたけど、昨日の午後には停まってなかったエアコンバスがちゃんといた!

出発時間聞いたら8時45分とのこと。8時15分に乗り込みエアコンの効いた中で待ち、満席にはなってないけど45分にちゃんと出発。

430ルピー(約260円)。

 

ダンブッラまでは3時間半ぐらいと思ってたけど、途中の客引きの時間が長かったのか、ちょうど4時間かかって12時45分頃到着。時計塔の少し南、ピザハットの近くに到着します。トイレ休憩はやはりなかった。

 

このままシギリヤに行っても良かったけど、トイレに行きたかったのとシギリヤでお昼食べれるかわからなかったので、グーグルマップで見つけてたおしゃれカフェへ。この辺はバスの発着場ではあるけどターミナルじゃないのでトイレは見当たらなかった。

 

f:id:yukitabi2018:20190813213321j:image

☕️Man J CAFE

チキンシーザーサラダとマンゴージュース。

480ルピー(約300円)。カフェにトイレはないけど、隣のバーの綺麗なトイレ使えます。友人によるとここのバーのカレーが美味しかったらしい。休憩にオススメ。

 

他の客のスリランカ人と雑談したりして小一時間。

 

コロンボからのバスを降りて3〜4分北に歩いたところでシギリヤ行きのバスが待ってるので乗車。

13時45分に出発。40ルピー、約24円。

 

約30分でシギリヤに到着。

 

シギリヤには岩見荘という日本人の方がオーナーの宿があって、そこに宿泊するのです。

シギリヤ村の入り口のCUTE カフェ(同経営)で宿のピックアップをお願いし、到着。

 

素敵〜!!!

 

晩御飯は宿でお願いしてたので、快適な室内やベランダのハンモックでゆらゆらして過ごした。

 

宿のご飯(5ドル)は、野菜たっぷりの家庭料理、スリランカカレー!

f:id:yukitabi2018:20190814190616j:image

f:id:yukitabi2018:20190814190430j:image

旅行者用に辛さ控えめにしてくれてました(辛くても良かった)。

 

これからここに4泊もするのが楽しみ!

コロンボの宿

◼︎City Rest Fort

 

f:id:yukitabi2018:20190813192958j:image

Booking.comで予約。

フォート地区の宿。

 

女性4人ドミトリー 

1泊8.77ドル(1580ルピー )で予約。

 

直接行くと10ドルです。私も延泊する時に聞いたら10ドルと言われたけど、Booking.comで今9ドル(1620ルピー)だったって言ったらすぐそれでOKと言われました。予約と同じ1580ルピーにしてって言ったらしてくれたと思うけど、24円程度なので言いませんでした。

 

Booking.comだと現地通貨選んでもドル表記しか出ないので、ルピー払いだとどれぐらい上乗せあるんだろうと思ってたけど、1ドル177.53ルピー の時に180ルピーでした。10ドルでも15円程度の誤差なので知れてます。そしてレートの上乗せ具合は今後も宿次第になります。ここはこれでも乗ってる方だと思う。(個人的には178が妥当かなと思う。)

 

空港からコロンボのバスターミナルに着いて、そこから歩いて25分ぐらいかかりました。バスに乗れば10ルピー(約6円) 、トゥクトゥクなら150(約90円)出せば十分行ける思います。それ以上は無視しましょう。歩いてると色々声かけられるので、細かいルピーが手持ちにあるならトゥクトゥク乗った方が楽かも。

 

●良いところ

・女子ドミがある。ロッカー付き(鍵必要)。

・共用だけど女性専用のシャワー室とトイレがある。綺麗で清潔。トイペもたっぷり準備。

・洗面所にドライヤーあり。

・エアコンが寒いぐらいに効く。

・日本のコンセントそのまま使えます。

・部屋数が結構多いので、お客さんの少ない今、2泊は私ひとりで個室状態だった。

・窓がなくて暗いと思ったけど、朝5時から外でお経が流れるので、窓がないおかげで静か。

・朝食にオムレツがあるの嬉しい。

 

●悪いところ

・シャワーがほぼ水で水量が弱い。

天気のいい日はぬるい水になってるから良かったけど、曇りの日は冷たくて辛かった。

 

もう少し高い値段のドミトリー宿も近くにあるけど、スリランカの物価を考えると数泊するなら安いこっちで十分かなと思います。

 

ただ、フォート地区は詐欺師が多くてしょっちゅう声をかけられるから注意!絶対に付いていってはダメです。

https://yukitabi2018.hatenablog.jp/entry/2019/08/08/173006

 

私はもう一度コロンボ戻って何泊かするけど、たぶんフォートにはもう泊まらないかな。

でも、初スリランカで空港バスに乗ってコロンボに着き、いきなりトゥクトゥク交渉に自信がないなら、歩いていけるここの宿はいいと思います。

コロンボ・フォート地区には詐欺師が多い!!

コロンボで詐欺に捕まりそうになったお話です。(未遂)

 

私の宿泊していた場所は、ヒルトンなどの高級ホテルやビジネスビルが建つフォート地区。歩いてたらトゥクトゥクはもちろん、知らん人にもしょっちゅう声をかけられるし、着いた初日はタイに帰りたいって思ってました。笑

 

バックパック担いでる移動時はほとんど相手にしなかったけど、身軽になった時に、ちょっとコミュニケーションとってみてもいいかなと思った2日目。

 

声かけられた1人目は、自称大統領のパレスで働くおじいさん。信号待ちの時に声かけられ、雑談から始まり…

 

爺)私の親戚も日本で働いてるんだよ〜!今日何するの?今日はフェスティバルがあるんだよ!

私)そうなんやー、でも私これからイミグレ行かなあかんのよね。

爺)そうかい、イミグレってバッタラムッラだよね。バスはそこから〇〇番のバスだよ!じゃあね〜!

 

って感じだったので普通のいい人と思ってた。バスの番号も間違いないし、イミグレの場所も知ってたし、服装も綺麗な白シャツ着てちゃんとした感じ。
でもたぶん誘うの諦めて去って行っただけと今なら思う。

 

そして2人目も君はラッキーだ!すぐそこのお寺でお祭りあるんだよ〜!これから行くんだけど一緒に行かない?って誘われて、面倒だしそもそもお祭り興味ないし、どうせタカられるんやろと思ってバイバイ。

 

そして私を良い所まで誘い出した3人目。名前はトニー。
ちょうどフォートの海岸付近を散歩してたら、声かけられて普通に世間話。行きたかった灯台はセキュリティエリアになってて工事してて、あれ何の工事なん?って聞いたら、中国が工事してるんだよ〜!工事のせいで以前はここでも泳げたのに、今は泳げなくなったんだ。その許可を出した前の大統領も大嫌いさ!でも日本人は好きだよ〜僕の叔父さんも大阪で働いてるんだ!ウンタラカンタラ…
とどんどんフォート地区から遠くに向かっていこうとするので、私もう帰るわ。って言ったら、すぐそこのお寺で今日が最終日で14時までのフェスティバルがあるんだよ。僕も仕事帰りでちょっと寄ってみようと思ってるからのぞいてみない?そんな時に来れて君はラッキーだよ!

時計を見ると13時45分。14時までなら近くかな〜と思ったのと、1人目をこの時は詐欺と思ってなかったから、もしかして本当にフェスやってんのか?っていう好奇心が湧いて来た。

フェスに興味を持ったというより、真実を確かめたい欲が出てきて、それならじゃあ、と、もう少し一緒に歩く。

でも、もう14時5分前。まだ着かない。
早歩きさせられるの疲れたし、話すのも飽きてきた…。

 

私)私もうお祭りいいわ。早く歩けないし、トニーが間に合わなくなるから一人で行ってきてよ。

ト)そうだね、じゃあトゥクトゥクで行こう!

と、タイミング良く走ってきたトゥクトゥクに乗る。

 

私が行きたいって言った訳じゃないから、トゥクトゥク代は払わんからなと、動かないメーターを見ながら誓う私。

 

着いたのはガンガラーマ寺院。

 

外国人観光客もスリランカ人も警備員もいる普通のお寺(ガイドブックにも載ってる)。だけどフェスの様子なんてない。
そして、トニーはトゥクトゥクにちょっと待っててと言い、支払いをしない。

 

私)トゥクトゥク待たせていいの?私の為のつもりなら私はいらんで!

ト)大丈夫大丈夫、さぁ行こう!

 

と向かった受付でお布施の500ルピー(約300円)の要求。ローカルはいらんけど外国人は必要らしい。

お寺は見学しても良かったけど、そもそも私が行きたいって言った訳でもなく何ならトニーの付き添いのつもりぐらいやったのに、強引に連れて来られてなんでお布施しなあかんねん!しかもこのお布施、後でマージンもらうんやろ!と、グレーだった不信感が黒になり…

 

私)お金は払わないし、寺も見ない!もう帰るわ。自分で帰るしトゥクトゥク必要ないからな!

 

って立ち去りました。

 

寺にいた警備員に今日フェスなん?って聞いたら、違うって言ってました。やっぱりー!笑

 

すぐ近くにショッピングモールがあったので休憩しながら調べてみたら、似たような詐欺の被害者がいっぱい…!というか、読んだことあるわ。以前こんな詐欺あるんだ〜って確認してたのに、すっかり忘れてた!笑

 

あのまま付いていってたら、お布施のレシート持ってると割引があるっていうジュエリーショップに連れていかれて偽物を勧められ、その後ホテルまで送ると言いつつ、自分は支払わずに途中で降り、ドライバーから高額なトゥクトゥク代(5千円〜1万円ぐらい)を要求されるようです。

 

私が簡単に立ち去れたのは、警備員と話し終わって振り向いたら、すでにトニーが欧米人の女の子とトゥクトゥクの前で話していたので、しつこくされずに済みました。あの子大丈夫だったんだろうか…。

 

f:id:yukitabi2018:20190812022251j:image

その後近くのお寺を少し見学してバスでフォートに戻ってきたら、ヒルトンの近くでまた2回も別の詐欺師に声をかけられた。笑

 

ちょうど仕事が終わったとこなんだ〜
お祭りが〜
日本で僕の親戚が働いてるんだよ〜
スリランカは何日目?(初心者かどうか確認
ホテルどこ?(金持ち具合の確認
仕事何してるの?(同上

 

これは詐欺師のテンプレ?インドにも似たような詐欺あるし。

 

コロンボを出る日もバックパック担いでんのに朝から詐欺師に声かけられたし、これから移動するのに行く訳ないでしょ。笑


イライラして、「あんたの目的は知ってるで!」って言ったらハァ?って言われたのめっちゃムカつく…笑

 

それでもしつこく誘い続けるんだから、よほど観光客(カモ)が少ないんでしょう。
というか、こんなに同じ手口の詐欺に声かけられたのコロンボが初めて。3日で6回。

 

最近こういう詐欺師に会う国に行ってなかったから油断してたな〜。

 

スリランカ人はインド人に比べると優しくて親切と定評がありますが、フォート地区で話かけられた人を絶対に信用してはいけません!!心を鬼にしましょう!

ペター地区とフォート地区散策。

またコロンボには戻って来るんだけど、戻って来た時は違う地区に泊まろうと思ってたのでペター地区を散策。

 

f:id:yukitabi2018:20190811165509j:image

明日のシギリヤ行きの下見も兼ねてバスターミナル周辺ウロウロ。

 

バスターミナル横のお寺のセンスがなかなか良いです。ミャンマーを思い出す作り。

f:id:yukitabi2018:20190811165459j:image

f:id:yukitabi2018:20190811165304j:image

f:id:yukitabi2018:20190811165428j:image

バスターミナル横の市民の市場。

このあたりはゴミゴミしてて、汚い。

f:id:yukitabi2018:20190811165335j:image


f:id:yukitabi2018:20190811165523j:image

↑ペターの中心部。スリランカ人の生活雑貨や衣料品などのお店が並ぶ。

f:id:yukitabi2018:20190811165404j:image

↑ペターの一番の観光場所。礼拝中で中に入れなかった。

 

新市街のフォート地区に戻ってきました。

f:id:yukitabi2018:20190811165347j:image

 

灯台のあたりを散歩したかったんだけど、工事中で近くに行けませんでした。

そして詐欺師に声をかけられるんですが…それはまた別の記事で。

 

スリランカに来てから1日2食で、朝は宿でしっかり食べて、夕方に昼・夜兼用で食べてます。

フォート地区にある歩き方にも載ってる有名なコットゥ屋さんPillawoosで今日も晩ごはん。

昨日も食べたので2回目です。昨日はベジチーズコットゥを食べたんですけど、他の人が食べてたマサラコットゥが美味しそうだったので再訪しました。というより、フォート地区のローカルご飯屋さんにあまり選択肢がないです。f:id:yukitabi2018:20190811165416j:image

↑ベジマサラコットゥ。280ルピー(約170円)。キムチぐらいの辛さ。美味しいんだけど多い!日本じゃ2人で一人前しか頼まないと白い目で見られるらしいですが、ここでは2人でひとつ注文でも大丈夫だと思います。他の店のもの持ち込んで堂々と食べてるスリランカ人もいたので、文化の違いですね。(店員さんも気にしてない)

f:id:yukitabi2018:20190811165439j:image

昨日食べたベジチーズコットゥ。330ルピー 、約200円。チーズはクセがなく、少しピリ辛だけどマイルドで美味しかったです。刻んだ小麦粉の生地とネギたっぷりり、チーズたっぷりで、半生のお好み焼きみたいな感じ(半生ではない)。

 

2日連続で食べたせいで、当分コットゥ食べたくないなと思いました。笑

 

2日連続と言えばT-loungeにも一昨日と昨日行きました。昨日はインスタ映え風プリンスオブキャンディアイスティ。400ルピー、約240円。

美味しかった。感動的な域ではなかったけど。f:id:yukitabi2018:20190811165320j:image

コロンボ初日は少し散策

無事SIM購入後、2つ目の今日のミッション。

 

それはシャンプー&コンディショナーを買うこと。

 

本当は日本製を持っていきたいけど、1ヶ月ぐらいのちょうどいいサイズがない。最近の日本は詰め替え用やドデカサイズばかり。何でも手に入る日本でまさかこんな目に合おうとは…。

 

それで、ここ最近は現地の良さそうなものを買って楽しむことにしました。

 

今回はフォート地区にも2店舗あるスパセイロン 。なんと日本の銀座にもある。

 

日本の半額以下で買えます。

とはいえ…。よく考えれば日本でもこんな高いシャンプー使ってなかった、笑。ちょっと奮発しすぎてしまいました。

f:id:yukitabi2018:20190811095509j:image

シャンプー 2250ルピー(約1350円)、コンディショナー 2350ルピー (約1410円)。

種類はネロリジャスミン。他にもアロエやサンダルウッドがあったけど、少し独特な香りで日本人には合わないかもしれない。石鹸も顔には使えなくて身体のみ。日本で流行るの難しいかもしれないと思った。

スパセイロンはパッケージ可愛いって店員さんに話したら、オマケで袋余分にくれました。

 

以前、ロシアのスーパーで買ったオーガニック系のシャンプーリンスはまぁまぁで、タイで買ったバタフライピーのシャンプー、コンディショナーは髪がギシギシになって使い続けるのをやめて結局コンビニのいつもの安いパンテーンになりました。でも久しぶりに使ったそのパンテーンも日本のより匂いがキツくて、好きではなかった。

 

スパセイロンは日本にお店があるぐらいなので、ある程度は良いものだと期待したい!

(今の所使い心地はギシギシすることもなくいい感じです!そうじゃないと高いのに怒る。笑)

 

その後、お腹すいてたので目の前にあったバーガーキングへ。スリランカのファーストフードにはビリヤニがあって、それを食べてみたかったので注文。16時までのメニューだったのでぎりぎり間に合った!

f:id:yukitabi2018:20190811100226j:image

220ルピー(約135円)。安い。

まぁ、お味は普通です。米多いのに、鶏肉はほとんど身がなかった、笑。付いてきたカレーは結構スパイシーでした。

 

そしてまだ明るいので、すぐ近くにある紅茶ブランドディルマ社のT-loungeへ。

f:id:yukitabi2018:20190811100416j:image

吹き抜けの店内で、メニュー&注文はタブレットを渡されネット注文みたいな感じで自分で操作する。

インスタ映えのメニューもあるけど、まずは定番キリテ(ミルクティー)とお手頃なエクレア。

f:id:yukitabi2018:20190811101420j:image

キリテ400ルピー(約240円)、エクレア200ルピー(約120円)。サービス料や税金かかってくるので結局750ルピーになるんだけど、それでも約450円。

海外でこういうところ行くと日本と同じぐらいの予算が必要だったりするけど、スリランカはお手頃。

キリテはスリランカで初キリテだったのでどんなレベルかわからなかったけど、上品かつミルクに負けないぐらい紅茶の香りもしっかりして美味しかったです。エクレアもこの値段なら全然アリの美味しさ。

残念なのはトイレは近くの公共のものを使わないといけないところ。一度外に出て値段は20ルピー(約12円)。

 

フォート地区内はこじんまりしてるので、その中ならどこも近いのが便利です。